2016年12月16日

3月までにもう1基欲しい。太陽光発電で節税と事業安定化に成功!

太陽光投資家

一口食べると、二口、三口、食べたくなる。太陽光は、まるでスイーツみたいです。

不思議なんですけど、どんどん欲しくなる。私はあと1基、2016年3月までに手に入れたいと考えています。別の記事で、ソーラー税理士の鵜之沢さんも話されていましたが、生産性向上設備投資促進税制で50%償却の恩恵を受けるために、今急いで話を進めているところです。


合同会社ユルーチェ
代表社員 吉田 祐基

太陽光投資に興味を持ったのは、2015年の夏。2015年末に1基目を購入して以来、現在では太陽光発電システムを4基所有。インターネット広告事業の主軸に、太陽光発電事業という新たな軸が加わったことで、事業運営がより安定化したという。将来的には、さらに他分野への事業展開も構想中とのこと。

保険ワカルくん!

保険ワカルくん!


 

太陽光発電なら、1000万円単位の節税対策ができる

 − 太陽光発電に興味を持ったきっかけを教えてください

きっかけは、知人からのアドバイスでした。

私の会社ではインターネット広告事業を手掛けていますが、他の業種と比べて必要経費がほとんど発生しません。せっかくの利益を次のビジネス展開に繋げたいと節税対策を模索していた時、「太陽光発電なら1000万円単位で大きく節税対策できるよ」と、知人が教えてくれたんです。

 − 太陽光発電以外の節税対策は、何を検討されましたか?

いろいろと考えました。具体的にはマンション経営などの不動産も候補にありましたし、変わったところでは風力発電のお話もいただきました。

節税対策という観点から、不動産よりも太陽光発電の方が生産性向上設備投資促進税制を活用できるメリットが大きかったですし、風力発電は節税という観点よりも太陽に比べて環境変化の影響を受けやすそうという点で不安がありました。

 − 節税対策を太陽光発電に決めた理由は?

一番は、生産性向上設備投資促進税制による即時償却の魅力ですね。現在も50%と優遇されていますが、当時は100%でした。

そして、太陽光発電の事業としての安定性も大きな決め手でした。

マンション経営による家賃収入は20年間キープするのは難しいですが、ご存知のように太陽光発電は、国が20年間、電気を固定価格で買い取る約束をしてくれているため、新事業として将来のシミュレーションが立てやすかったのです。節税と新事業への投資が同時にできる。一石二鳥だと思いました。

 

太陽光投資家

太陽光投資は、「業者選び」が重要ポイント

− 太陽光を購入しようと考えたとき、まずどのような行動をとりましたか?

広く太陽光発電業者さんから提案(物件情報と見積もり)を集めました。ネットも活用しましたし、自分の足でも業者さんを訪問。大手企業が行っている商談会付き太陽光セミナーにも何度も参加しました。最終的には40社ほどの業者さんから提案をいただいたと思います。

 − 多くの業者さんと接点を持って、収穫はありましたか?

太陽光の知識はスピード感を持って吸収できたかもしれません。それと、怪しい業者の存在を早い段階で知ることができました。

− 怪しい業者とは?

数字の盛り過ぎ。特に投資利回りが高い(笑)。

先ほど「太陽光発電は新事業としてシミュレーションが立った」とお話しした背景でもあるのですが、太陽光の場合、自分で投資利回りを試算できます。多少の勉強は必要ですが、NEDO国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が提供している日射量データベース閲覧システムを活用して発電量を計算すれば、売電収入の見込みを立てることができます。

NEDO 日射量データベース閲覧システム

太陽光投資が初めての方には、ぜひご自身で発電量のシミュレーションを行ってみていただきたいです。中には、私のシミュレーションの 1.5倍の投資利回りを平気で提案してきた業者もありました。そういった業者は絶対に信頼できません。

 − はじめの1基を購入するまでに、どれくらいの期間、検討しましたか?

5ヵ月間です。私自身、石橋を渡るときには人並み以上に何度も叩いて安全性を確かめるタイプ。でも、ちょっと長いですね(笑)。

ただ、最初にしっかりと業者選びをしたからこそ、最近世間を騒がせているような詐欺まがいの無用なトラブルには巻き込まれていません。私は、業者選びこそ、太陽光投資の最重要ポイントだと思っています。

信頼できる業者さんと出会えれば、稼働後の運用は安心

 − どんな時に、ご自身の業者選びが正しかったと感じましたか?

電圧抑制を親身に対応してくださった時ですね。電圧抑制は周辺環境にも左右されるため、いざブレーカをあげてみないと分かりません。実際、私の発電所でも想定通りに電気が流れなかったことがありました。そんな時、パワコンの電圧設定値を上げてもらったりして対応したのですが、売りっぱなしの業者さんだったら、「あれ?あまり電気が流れませんね」で終わっていた可能性も十分あると思います。

 

太陽光投資家

 − 太陽光発電事業を開始して約1年、率直な感想を教えてください

この1年、事業はとても安定しています。現在4基の太陽光発電所を運営していますが、その4基全てが、ほぼ当初シミュレーションした通りの発電量(売電収入)をあげてくれています。この1年間の実績は、2年目以降につながる安心材料ですね。

加えて言うなら、事業運営に手間がかからないことは、嬉しい誤算です。安定稼働後は、晴れを願いながら、エコめがねで発電量をチェックしているだけでいい。私のように細かい性格でなければ、月1回の売電収入額を確認するだけでもいいと思います。私は毎日チェックしてしまいますが(笑)。

もちろん、業者さんに定期的なメンテナンスをお願いしていることが大前提。アフターフォローまでしっかり任せられる業者さんなら、日中忙しいサラリーマンの方でも十分に太陽光投資は選択肢になると思います。

 − 最後に、簡単で構いませんので、イデアスタイルの魅力をアピールしてください

広くない土地面積でも、一面架台という独自の建設方法で過積載を実現してしまうところはスゴイと思います。そしてやっぱり定期メンテナンスを含め、親身で丁寧なアフターフォロー。圧倒的な安心感があります。

購入前に提示していただいたシミュレーションも、実際の発電量にかなり近いものだったので、購入前の収支の見込みが立てやすいと思います。

− 吉田様、貴重なお話をありがとうございました!

運営会社 : 株式会社 イデアスタイル